電気自動車充電スタンド向け、SMART CITY サイネージ
世界中で電気自動車の市場が増えていく見通しがあります。日本でも電気自動車の普及にともない、充電スタンドが普及しています。現在、電気自動車の充電スタンドは売電の収益で充電スタンドの経営を維持している状態です。しかし、電気自動車が普及していない日本では、充電スタンドを増設しても、売電の収益だけでは、充電スタンドを経営していくのは容易ではありません。充電スタンドが普及しないと電気自動車も普及できません。経営の問題と普及しない深刻な現状を解決できる方法は、充電スタンドとディジタルサイネージの組み合わせによる+αの広告の収益の創出です。それが充電スタンドの重要な収益源になると思います。弊社で提案しておりますスマートシティサイネージのビジネスモデルは、今までの充電スタンドの経営状況を改善できると確信しております。また、それ以外の社会の貢献にも繋がる提案です。

機能と用途:
1, 5G基地局
2, 電気自動車充電スタント
3, 災難誘導
4, 緊急電話機能
5, ディジタルサイネージ
6, IoT、画像認証カメラ搭載、犯罪防止
7, 観光地設置する場合ウェブを閲覧、地域情報、地図案内機能
8, 温度、湿度、PM2.5などの環境調査にも併用可能

スマートシティサイネージディスプレイ社会貢献できることは
1、広告の運営することにより電気スタントメーカの赤字運営問題を解消できます。
2、5Gアンテナー搭載することにより、電波は最近距離で届くことが可能、電波信号弱い問題も解決できます。
3、災害時の避難誘導、コロナ時期の注意喚起にも使用可能。
4、監視カメラを搭載することにより災害時の誘導監視にも使用可能。
5、PM2.5センサー、温度湿度センサーを搭載することにより町中の環境状況の監視が可能。

様々な用途を使用可能な便利な道具です。社会貢献にもできる。
製品の詳細機能に関しましてお気楽にお問合せください。